似顔絵をうまく描くコツとは?

プレゼントに似顔絵はいかがでしょう?

プレゼントの一つに似顔絵を贈るという方法があります。
遊園地や街角等にプロがいることがあるので彼らに頼んでもいいでしょう。
もしくは絵が得意な人に頼む手もあります。
ただ、似せて描くのは得手不得手があります。
あるいは絵が好きな人が自ら描いてみるのも選択肢の一つです。
似顔絵は特徴を捉えてデフォルメして描かれることが多いですが、注意が必要なのがいくら周りから似てるという評判を得られても、描かれた当人が気に入らず受け取りを拒否する場合があることです。
人間は自分で欠点だと思っている部分は見たくないものなので、それがあまりに強調されて描かれているとトラブルになることもあります。
プレゼントとして贈るものであれば喜んでもらうのが大前提なので、男女どちらであっても特徴をうまく捉えつつ、美しく描くことが重要です。
そして、必ずしも絵が得意な必要はなく、苦手な人であっても描けるようになれるようレクチャーしているテキストもあります。

似顔絵のプレゼントをすればみんな笑顔になれる

似顔絵のプレゼントをしてみたことはありますか。
毎日、自分の顔を鏡で見ていても、写真で撮影してみるとまるで違った感じに見えることがあります。
それに、誰でも自分の顔をイラストにしてみたら、どんなふうになるのか興味があるのです。
それを考えれば、結婚式などの特別な日に似顔絵をプレゼントするのもいいかもしれません。
贈る相手は、もちろん新郎新婦です。
新しく夫婦になる二人のイラストをプロに描いてもらって贈ってみましょう。
きっと、笑いとともに心から喜ばれる贈り物になることでしょう。
もちろん、新郎は実物よりもちょっとカッコよく描いてもらったり、新婦も実際よりずっと可愛く描いてもらうのがおすすめです。
そうすれば、きっと心から喜ばれる贈り物になります。
結婚式が終わってから新居に飾れるオブジェの一つにもなりますから、きっと重宝されるでしょう。
また、結婚式でなくても、家族のお誕生日などに贈るのも面白いのではないでしょうか。

recommend

2016/9/23 更新